ラクビ(LAKUBI)効果使い方画像

ラクビ(LAKUBI)の効果を実感したい!飲み方のポイントを教えます

ラクビ(LAKUBI)は酪酸菌、ビフィズス菌、善玉菌のエサになるオリゴ糖が入ったサプリメント。頑固な便秘もラクビ(LAKUBI)なら解消すると人気が高まっています。

ラクビ(LAKUBI)を手に入れた人の中には、せっかくなら効果を最大限実感したい、もっと効果を実感したいと思っている人もいるはず。

そこで、今回は、ラクビ(LAKUBI)の飲み方を徹底解説。効果を実感できていない人も、ラクビ(LAKUBI)をまだ買っていないという人も一度確認しておいて損はないですよ。

ラクビ(LAKUBI)公式バナー画像

ラクビ(LAKUBI)に決まった飲み方はない!普通に飲んでも効果あり?

ラクビ(LAKUBI)の飲み方を知りたくて、公式サイトをチェックしたのですが、ラクビ(LAKUBI)の決まった飲み方みたいなものは明記されていません。

それもそのはずで、ラクビ(LAKUBI)ってサプリメントなので、薬のように用法・用量を決めることができないんです。

ラクビ(LAKUBI)は区分的には食品になります。だから、飲み方にも決まりがなく、いつでもどんなタイミングで飲んでもいいんですね。

それで、効果あるの?と心配になるかもしれませんが、ラクビ(LAKUBI)の場合も飲み方について特に注意をしてなくても、たくさんの人が効果を実感しています。

ラクビ(LAKUBI)はいつ飲む?効果的な飲み方

とはいっても、飲み方はどうでもいいかというとそういうわけでもありません。やはり、ラクビ(LAKUBI)にも効果的な飲み方というのはあります。

食後がベスト

ラクビ(LAKUBI)のベストな飲み方は、食後です。

ラクビ(LAKUBI)は善玉菌サプリメントです。だから、善玉菌が一番効果を発揮できるような飲み方をするか、しないかとでは、効果にかなりの違いが出てきます。

胃酸が強い状態の時に、ラクビ(LAKUBI)を飲むというのような飲み方をしてしまうと、ラクビ(LAKUBI)に入っている善玉菌が死滅してしまうので、あまり効果を実感できないでしょう。

このような状況を回避する飲み方は、胃酸が多い空腹時を避けるというものです。だから、ラクビ(LAKUBI)を飲むには食後がベストなんです。

ちなみに、朝食後がいいか?夕食後がいいか?という点については、夕食後に飲むと言いう飲み方をおすすめします。

この飲み方のポイントは、胃腸に余計なものが入ってこない間にラクビ(LAKUBI)の善玉菌に活躍してもらうというものです。寝ている間は、胃腸に余計なものが比較的ない状態なので、ラクビ(LAKUBI)の成分が腸内で効果的に活動しやすいゴールデンタイムなんです。

ラクビ(LAKUBI)で効果を実感する飲み方では水の温度にもこだわる!

ラクビ(LAKUBI)に限らず、サプリメントを飲むときは、水かぬるま湯がおすすめです。

ここは、食品とは違う点ですね。例えば、ラクビ(LAKUBI)をカフェインが入った飲み物で飲むという飲み方をしてしまうと、カフェインがラクビ(LAKUBI)の成分が効果を発揮するのを邪魔する可能性があるので、おすすめできません。

だから、ラクビ(LAKUBI)を飲むときは水がオススメなんですが、せっかくここまで飲み方にこだわるなら、水の温度にも注意しましょう。

キンキンに冷えた水を飲むと腸の運動は活発になるのですが、腸が弱っている場合は、刺激になります。冷えは体の大敵なので、注意しましょう。

また、白湯で飲むにしても、あまり熱過ぎると、ラクビ(LAKUBI)の成分が熱で死んでしまいます。ラクビ(LAKUBI)を飲むなら、体温と同じくらいの温度の水で飲むのが効果的な飲み方といえるでしょう。

ラクビ(LAKUBI)の飲み方にはルールはないけど決まった時間に飲むとより効果的!

繰り返しますが、ラクビ(LAKUBI)の飲み方にルールはありません。でも、決まった時間に飲むという飲み方も効果を実感しやすくなるので、おすすめです。

ラクビ(LAKUBI)は毎日続けることで効果を発揮します。時間を決めると、飲み忘れを防止できるという意味でもおすすめの飲み方です。

また、数粒飲む場合には、まとめて飲むより、回数を分けて飲む方がいいです。回数を分けた飲み方をすることで、ラクビ(LAKUBI)の成分が常に体の中にある状態を作りだせるので、それだけ効果も大きくなります。

一気に何粒も飲むのが大変という人は、回数を分けて、毎日飲み続けられるように工夫するといいですよ。

ラクビ(LAKUBI)を摂りすぎても大丈夫?これをやると逆効果!NGな飲み方

ラクビ(LAKUBI)にNGな飲み方ってあるんでしょうか?

ラクビ(LAKUBI)の成分は、飲み方を間違えさえしなければ、有害なものはありません。

ただ、一番気をつけないといけないのは、過剰摂取です。基本的にどんな飲み方をしてもOKなラクビ(LAKUBI)ですが、摂りすぎると、下痢や嘔吐などの副作用がないともいいきれません。

ラクビ(LAKUBI)は、妊娠中や授乳中の人が飲んでも問題ないサプリメントですが、何か異常を感じたら、飲むのを中止し、専門医に相談しましょう。

ラクビ(LAKUBI)でお腹スッキリ!毎日のモヤモヤも解消

お通じがないって、想像以上に苦しいですよね。なんか気分まで下がります。腸内環境はダイエットだけでなく、お肌のコンディションにも響きます。便秘している上に肌荒れまでしたら、もう気分は最悪。

ラクビ(LAKUBI)はそんな毎日のモヤモヤを腸内から改善。ラクビ(LAKUBI)の爽快感を味わったら、最後。あなたはラクビ(LAKUBI)を手放せなくなりますよ!

ラクビ(LAKUBI)公式バナー画像