メディレギンス効果使い方画像

メディレギンスで美脚効果を実感する使い方

独自開発の6段階着圧、骨盤補正&立体3D強圧、ツボ押し効果と多機能なメディレギンス。履くことで、脚の悩みが改善されたと話題になっていますね。

メディレギンスの人気に火をつけているもう一つの理由が、使い方が簡単なことです。メディレギンスの使い方は基本的に履くだけ。これなら、忙しくても、ズボラでもダイエットできると注目されているんです。

ただ、もう少し効果を早く実感したい!もっと脚痩せしたい!という声があるのも事実。そこで、メディレギンスの使い方を徹底研究しました。今回編み出した使い方を全部公開するので、メディレギンスでダイエットしている人はチェックしてみてください。

メディレギンス公式バナー画像

メディレギンスは基本の使い方を守るだけでも効果を期待できる

まずは、メディレギンスの基本的な使い方からおさらいしましょう。基本的な使い方といっても、守れていない人が意外に多いんです。効果を実感したいなら、基本に忠実に!です。

メディレギンスの基本的な使い方

  • メディレギンスと体の中心が合っている
  • 骨盤が立つような履き方をする
  • ツボ刺激ポイントが脚のツボに合うように履く

やりがちな使い方として、メディレギンスの中心がずれているというのがあります。メディレギンスの中心が体の中心からずれてしまうと、着圧ポイントもツボ刺激ポイントもずれてしまうので、効果は実感しにくくなります。

また、ヒップラインなどが気になる人は、骨盤が立っているかも考えた使い方をしましょう。骨盤が立つようなメディレギンスの使い方は、ヒップのお肉をきちんとメディレギンスの中にいれることです。

メディレギンスを履いた時に、お肉がはみ出ていないか、鏡でチェックするようにしましょう。

それから、メディレギンスのツボ刺激ポイントがきちんと自分のツボのところに来るような使い方をすることも効果を実感する上で大切です。

ツボポイントがあうようにするには、要所要所で確認するような使い方をしましょう。使い方の例を挙げると、足首、ふくらはぎ、膝、太もも、脚の付け根で、メディレギンスがよれていないか?圧が正しい位置にかかっているか確認します。

ポイントがずれている使い方をすると、効果を実感するどころか、脚が逆にむくんでしまったり、痛くなったりするので、注意が必要です。

メディレギンスの効果を上げる!~10分でできる使い方編~

メディレギンスの基本の使い方に何かプラスした使い方で効果を上げようと思った場合、一番手軽なのは、マッサージです。

マッサージで脚のむくみをとる使い方をするだけでも、効果の実感の仕方は変わってきます。

メディレギンスの効果を感じるために、基本の使い方にむくみ取りのマッサージをプラスすることをおすすめするのは、むくみをなくすことで、脚が細くなるだけでなく、太りにくい体を作ることができるからです。

脚がむくむと体が冷え、巡りが悪くなります。すると、老廃物や余計な水分がうまく排出されなくなり、脂肪となって蓄積されます。さらに、代謝も下がるので、どんどん脂肪が溜まっていき、行き場のない脂肪は老廃物に絡まり、セルライトとなるのです。

こうならないために効果的なメディレギンスの使い方となると、むくみをマッサージをメディレギンスを履いてするというのが、最も手軽でおすすめ。

夜寝る前に、一日の溜まった老廃物や水分を流して、むくみを取るだけで、翌朝に実感できる効果は随分と変わると思いますよ。

メディレギンスとヨガを併用という使い方も効果的!

メディレギンスを始めた機会に、ちょっと頑張ってみようかなという人は、ヨガをやってみるのもいいですよ。

メディレギンスはツボ押し効果で代謝があがるように設計されている着圧レギンスなので、基本的な使い方をするだけでも脂肪燃焼効果を期待できます。

ただ、メディレギンスの基本の使い方でカバーできないのは、メディレギンスを履いていない時です。メディレギンスは夜履いて寝るアイテムなので、日中まで効果を実感できるようになるには、少し時間がかかります。

でも、メディレギンスを履いてヨガをするという使い方をすると、筋肉を効率よく鍛えることができるので、メディレギンスを履いていない時でも、体型を効果的にキープできます。

さらに、筋肉がつくことで、代謝も上がるので、太りにくくなります。メディレギンスを履き続けるのもいいですが、いつか、メディレギンスを卒業したいという人には、ヨガを併用するという使い方もおすすめですよ。

メディレギンスのNGな使い方!これやったら逆効果

おすすめの使い方を紹介してきましたが、最後に、これは止めた方がいいという使い方も紹介します。

効果を得るどころか、トラブルを起こすかもしれないNGな使い方は次の2つです。

  • メディレギンスを24時履く
  • メディレギンスを重ね履きする

メディレギンスは就寝時に履くことを想定して開発された着圧レギンスなので、休みなく24時間履くというのは、おすすめできません。効果を早く実感したいという気持ちは分かりますが、使う時間を考えた使い方をしましょう。

同じく、効果を急ぐあまりやりがちなのが、メディレギンスの重ね履き。メディレギンスは一枚でも十分に圧がかかります。

二重履きすることで、かえって圧がかかりすぎ、脚に負担がかかることも。こうなると、効果を実感するどころか、脚が痛くなったり、逆にむくんでしまったりと思いもよらないトラブルが発生する可能性があるので、おすすめできない使い方です。

メディレギンスを履く際は、間違った使い方をしないように注意してくださいね。

メディレギンスを正しく使って美脚を手に入れよう!

メディレギンスは適切な圧を脚にかけることで、美脚を目指す着圧レギンスです。使い方も簡単だから、幅広い女性の人気を集めています。あなたも正しい使い方をして、メディレギンスの効果を実感してくださいね。

メディレギンス公式バナー画像