九州で債権売却による資金調達に成功するための4つのポイント

九州は半導体や自動車関係など様々な産業が発達しており、大企業だけでなく中小の企業も数多く存在しています。しかし特に規模の小さな企業は、運転資金調達にも苦労していることが少なくはありません。ですがファクタリングを活用することで、資金調達の負担は大きく軽減可能です。この記事では、九州における産業の中心地である福岡でファクタリング会社選びをする際に押さえていただきたいポイントを解説させていただきます。

「ファクタリング会社選び」は4つのポイントに注目!

「債権譲渡(売買)契約」による売掛債権の現金化は、事業者向け資金調達方法の1つとして金融庁も認めています。融資に頼らず資金確保できるなどのメリットがあり、福岡内でも利用する企業数とともにファクタリング会社の数も大きく増加中です。しかし数ある選択しの中から福岡から利用できて頼りになる場所を見つけるためには、利便性の高さや買取条件などに関係する4つのポイントを丁寧に調べなくてはなりません。

オンライン対応を行っている

インターネットの発達により、申込だけでなく書類提出や面談などもオンラインで行えるファクタリング会社が増えています。福岡の企業が来店するための移動費や時間が削減できるのはもちろんですが、オンラインでの書類提出などを行なうことで、短時間での資金調達も期待しやすくなります。また契約手続きもネット上で行えるWEB完結型であれば、福岡から遠く離れていても問題なく利用していただけます。

上限の手数料が低め

福岡の企業が債権の売却先を探す際には、サイトに掲載されている手数料の情報をチェックされることが多いはずです。その際には下限だけでなく、上限の数値にも目を向けていただくことをおすすめいたします。ファクタリングは融資と違い利息制限法の対象ではないことから、高額請求が行われるリスクはゼロとは言えません。ですが上限の数値が記載されており、さらに低めであれば手数料に関しての安心感は高まります。

独立系ファクタリング会社

ファクタリング会社は銀行系・ノンバンク系・独立系の3つに分けることができます。金融機関が関係しないのが独立系であり、銀行系やノンバンク系と比較して柔軟でスピード感のある審査が行われるのが特徴です。また金融機関ではないことで「召喚請求権なし」での契約が原則となるなど、福岡の企業が利用する際にも多くのメリットを受けることができます。

企業としての信用性が高い

金融庁はファクタリングを資金調達の一手段と認めていますが、悪質業者に関しての注意喚起も行っています。福岡の企業が債権を売却される際には、申込の候補が企業として信用できるかをご確認ください。電話番号や住所など、企業のサイトに記載されているべき情報が記載されていない場合は特に注意が必要です。また数年以上の業歴や買取実績があると、信用性はより高まると考えられます。

ファクタリング会社選びは慎重に!

福岡を含め九州の企業が債権売却による資金調達に成功できるかは、申込先選びが何より重要な要素です。今回ご紹介したポイントを意識していただき、複数の候補を比較していただければ、きっと短時間でスムーズに頼りになるファクタリング会社が見つかります。福岡で融資に変わる資金調達方法をお探しであればファクタリングZEROの利用をご検討ください。